農業のポータルサイト みんなの農業広場

「トピックス」一覧に戻る

「平成29年度 病害虫発生予報第2号」の発表

2017年5月18日

農林水産省は、平成29年度病害虫発生予報第2号を発表。
向こう1カ月の主要な病害虫の発生予察情報は以下のとおり。


●水稲では、イネ縞葉枯病の発生が一部の地域で多くなると予想されている。麦類では、赤かび病について適期の防除を実施する。
●野菜類では、施設・露地栽培ともに、アザミウマ類やハダニ類等の微小害虫の発生が多くなると予想されている。また、施設内が過湿条件になると病害の発生を助長するので、換気等の施設管理が重要となる。
●果樹では、ナシ・リンゴ黒星病やモモせん孔細菌病の前年の発生が多かった地域では、本年も発生が多くなることが懸念されるので、り病部の除去や薬剤散布等の防除対策を徹底する。


詳細はこちらから