農業のポータルサイト みんなの農業広場

「商品お役立ち情報」一覧に戻る

収量性・在圃性に優れたコマツナ『つなしま』の種子を発売

2017年10月 6日

サカタのタネは収量性・在圃性に優れ、高温期での栽培の課題を克服する画期的なコマツナ『つなしま』の種子を2017年11月中旬から発売する。


sakata_tsunashima_201710.jpg


コマツナ『つなしま』の特徴
●株がじっくりと成長し、夏季栽培において課題となっている収量性を向上。従来品種と比べて、高温期にしっかりと太るボリュームのある株で、高い収量性が期待できる
●栽培中盤~終盤の生育スピードが緩やかなため収穫期の幅が広く、在圃性に優れていることから計画的な収穫が可能
●白さび病や萎黄病の耐病性を持ち、低日照でもしっかりと株が太り、春~秋栽培でも安定した出荷が可能


詳細はこちらから