提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


原木しいたけのおいしさを毎日の食卓に!

2009年9月11日

横田美由紀さん(岐阜県川辺町 有限会社しいたけブラザーズ)  初対面から、こぼれるような笑顔に引き込まれた。笑顔の主は、横田美由紀さん(37)。兄弟三人で原木しいたけを栽培・販売する「(有)しいたけブラザーズ」の長男、尚人さんの奥様である … 全文を読む>>

牛乳、素材にこだわるアイスクリームづくりで循環型農業を支援したい

2009年7月29日

藤原傳枝(つたえ)さん(宮崎県都城市 農業生産法人有限会社シーアンドジ)  都城市は宮崎県の南西部、鹿児島との県境の町。酪農、畜産が盛んで、宮崎の太陽に育まれたフルーツや野菜も豊富だ。  農業が盛んなこの町で、地元の牧場の絞りたての牛乳や … 全文を読む>>

黒大豆は遺産! 作り伝えたい地域の宝

2009年7月 7日

北川喜代治さん(兵庫県篠山市)  尼崎から福知山線に乗り、山間を進むこと小一時間、篠山市の玄関、篠山口駅に着く。「丹波の黒大豆」をはじめ栗、山の芋、イノシシ(ぼたん鍋)などで有名なこの地域は、山に囲まれた豊かな盆地である。  北川喜代治さ … 全文を読む>>

戦略的な取り組みで成果を上げる大規模集落営農組織 

2009年6月18日

工藤修代表理事(秋田県大仙市 農事組合法人たねっこ)  秋田県のほぼ中央部、雄物川中流湾曲部に広がる水田地帯286haと、小高い台地の畑地110ha。ここを生産基盤としているのが、小種地区5集落の農家からなる「農事組合法人たねっこ」だ。米 … 全文を読む>>

パパイアの産地化を目指して栽培に取り組む

2009年5月20日

池宮博美さん(宮崎県清武町)  東国原知事の強力なトップセールスで脚光を浴びたのはマンゴーだが、宮崎県では、次なるマンゴーを目指して、パパイアの産地作りが進められている。  宮崎県清武町のパパイア栽培は平成15年度に始まった。現在10名の … 全文を読む>>

産業廃棄処理会社が農業に参入、果樹園を地域の観光資源に育てたい

2009年4月 8日

瀬戸口光広さん(鹿児島県霧島市 さくら農園)  鹿児島では栽培が難しい果樹を育てたい。こう思いついたのは、産業廃棄物処理会社のオーナーだった。霧島連山を臨む、鹿児島県霧島市にある株式会社「さくら農園」(代表取締役下田勝さん)は、鹿児島市内 … 全文を読む>>

有機の里づくりにかけた30年、今も熱く伝える理念と哲学

2009年3月26日

小林芳正さん(福島県喜多方市)  会津盆地の最北端に位置する喜多方市熱塩加納町(旧熱塩加納村)。薄桃色の可憐な花・ひめさゆりの里であり、有機無・低農薬栽培のさゆり米の産地として知られる地域である。熱塩加納地区で有機農業が営まれるようになっ … 全文を読む>>

アイガモ水稲同時稲作で完全無農薬有機農業を行う

2009年2月26日

古野隆雄さん(福岡県桂川町・古野農場)  アイガモを水稲に放ち、雑草を防除したり害虫を駆除したりすることで、無農薬栽培が可能になるアイガモ農法。近年のアイガモ農法を語る上で欠かせない人物が福岡県にいる。「アイガモ水稲同時作」を実践する、古 … 全文を読む>>

伝統のしめ縄作りを地域活性化に生かそう

2008年12月15日

高橋文雄さん(千葉県香取市)  新しい年を迎えるにあたって神社や神棚に備える、しめ縄。農家の手仕事として引き継がれてきた伝統文化だが、農業人口の減少や農村環境の変化とともに、作り手が減っている。  毎年10月から12月いっぱい、「しめ縄作 … 全文を読む>>

地域の資源と人材を活用し、産直ビジネスを盛り上げる

2008年11月19日

小野知子さん(左)、三浦静子さん(岩手県二戸市・キッチンガーデン利用組合)  岩手県北部に位置する二戸市浄法寺町は、人口約5800人の小さな町。この町に、特色ある取り組みで実績を伸ばしている産直施設がある。町の中心部から3kmほど離れた県 … 全文を読む>>