提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


人気ラーメン店の秘密は、安心・安全な自作の米と野菜

2008年05月08日


久木元健一さん (鹿児島県大口市)


おいしいラーメンには理由がある
 鹿児島県の北部に位置する菱刈町。県有数の米どころでもある伊佐郡の菱刈町に人気のラーメン店がある。

 その店の名は「宝島」。30年前のオープン以来、多くの地域の人たちに愛され続けている。近隣にラーメン店が次々と出店し、ラーメン激戦区となっている現在でも、ランチタイムになると多くの客でにぎわっている。


kukimoto_image3.jpg  kukimoto_image2.jpg
 :鹿児島県菱刈町の大通りに面するラーメンの「宝島」
 :「宝島」で人気の特製ラーメン(600円)


 創業当時から人気を集めているのが、特製ラーメン(600円)である。とんこつしょうゆをベースとしたスープに自家製の中太の麺がからみ、その相性は抜群だ。あっさりとしたスープに香ばしい黒ゴマとアクセントの唐辛子が後を引く。スープを最後まで飲み干してしまうほど絶品だ。


「自分の手で米と野菜を作りたい」
 「宝島」には、なかなか真似できないオーナーのこだわりがある。「店で出す料理の材料ほとんどを自分で作りたい」。久木元健一(くきもと・けんいち)さん(59)が農業を始めたのは、こんな思いがあったからだった。

 ネギ、キャベツ、ニンニク、玉ネギ、油、米...。これらはすべて久木元さんの畑・水田で収穫されたものだ。「購入していた米の味に、ばらつきがあって。だったら自分で作ってしまおうと思ったんです」。


kukimoto_image6.jpg 自宅のある大口市で7年前、ダイコン、ネギ、玉ネギの栽培を始めた。「小さいころ農業を手伝ったこともあったので道具はあったし、もともと農業に興味があったが、植え方1つにしても、わからなかった」という。

 同じ集落の人たちにアドバイスを受けるなどして、収穫量と栽培品目を増やした。現在は、40aの畑と2haの水田を所有している。この栽培面積は、久木元さん1人で作業できる広さだ。「自分の手で作りたい」という思いがあるから面積を拡大したり、人手を補ったりすることは避けたいという。
右 :自慢の玉ネギ畑で


安心・安全へのこだわり
 もちろん作るだけがこだわりではない。「お客様が食べるものだから安心、安全なものを出さないと意味がない」と減農薬に挑戦している。堆肥は近くの牧場から安く購入。土壌消毒は一切しない。今のところ連作障害もないという。


 厄介な雑草は、気づいたときに手で取り除いている。「(収穫した野菜の)見栄えはよくないが、安全だし、細かくカットしてしまうので関係ないですから」と笑顔を見せる。

 本年度からは、土の中に乳酸菌を入れる「カルテック農法」も一部始めた。「どのような出来になるかわからないが、いいものにはどんどん挑戦していきたい」と意気込む。


kukimoto_image4.jpg 米の品種は、甘みのあるヒノヒカリ。労力はかかるが、掛け干しをする。いいと思うものには手間と労力を惜しまない。


 久木元さんは、毎朝6時から10時まで、店で仕込み作業をし、その後、畑に向かう。営業時間は、久木元さんの家族に厨房を任せる。体力勝負だが、「おいしい」と喜ぶ客の笑顔を見ると、疲れも吹き飛ぶ。
 鹿児島のラーメン店では欠かせない漬物にも、久木元さんお手製のダイコンを使う。青首ダイコンに、味付けはシンプルに塩のみだが、ダイコンの甘さに「企業秘密の調味料を使っているのでは?」とお客さんが驚く。そんな一言が、久木元さんのモチベーションをさらに高めてくれる。

 今後は、店では使わない野菜を地元のスーパーマーケットなどに出荷する構想も練っているという。地域の人たちに少しでも恩返しをしたいと考えているからだ。


農業で村おこしを
 さらに、農業で地域を盛り上げていこうと、久木元さんは、住む集落で組織する村づくり委員会の委員長も務めている。休耕地の増加と稲作一本で経営が成り立たなくなってしまっている現状。こうした課題を解決し、地域を元気にさせるためにも、まずは若手の育成に重点を置き活動している。

 また、休耕地を利用し、焼酎用のサツマイモを栽培するグループにも加わった。地元の酒造会社に出荷する見込みだ。「収益が出たら村づくり委員会のために役立てたい」考えだ。
右 :相棒のトラクターと


 もともとはラーメンのためだけに農業を始めた。しかし、今では農業を心から楽しんでいる。

 「作ってどれだけのものができるか。そして、出したものをおいしいと言ってくれる人がいる。だから農業はおもしろい」と笑顔を見せる久木元さんの姿は、きっと多くの若い農業者の心を打つことだろう。おいしいラーメンの理由は、そんな久木元さんの人柄がにじみでているからなのかもしれない。(杉本実季 2008年4月16日取材)


ラーメンの宝島
鹿児島県伊佐郡菱刈町花北605
営業時間 11:00~15:00
定休日 なし