提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


驚異のダイズ安定多収! 反収500kg取り大豆栽培の大盛堂生産農場を訪ねる

2007年08月13日

 7月末の快晴の日、長野県駒ヶ根市の農業生産法人 大盛堂生産農場に、大沼昌弘さん(58)のダイズ畑を訪ねた。


200707taiseido_1.jpg


 農業生産法人 大盛堂生産農場の経営は、米18ha、小麦23ha、ダイズ18ha、ほかに野菜4.5ha。家族4人のほか、研修生が8名働いている。夏休みを利用して、地元や大阪の農業高校生数名も実習中だ。

 ダイズ栽培歴30年以上という大沼さんは、転作ダイズが栽培されるようになる前から反収400kgを優に超え、今では500kgを実現するダイズ作りの達人だ。


200707taiseido_2.jpg 畑には、青々として背丈が高く茎が太いダイズの苗が、土が見えないほどに育っている。播種後45日というのに、かきわけて進まねばならないほどだ。株の背丈が1.5m以上にも育つというから驚きだ。

 品種はギンレイが中心。栽培法は超密植で、株間6cm、畝間60cm。1mに27株が植わっているところもあるが、茎はしっかりと太い。


 大沼さんの多収栽培のポイントは、

 1)密植、2)消石灰、3)中耕培土、4)灌水、5)適期防除、だ。

 加えて、追肥。花が咲き、成長の頂点で根粒菌が最大(2ミリ!)になると、さやが上までつく。
「今は、1反に3~4万粒播く。麦と同じやり方です。すると、400kgは確実にとれる」

 ダイズの作付面積は18haにおよび、半径10kmの280ヵ所にもわたるという。広さも条件もいろいろであるが、安定した収穫を誇るカギがここにありそうだ。


200707taiseido_3.jpg  200707taiseido_4.jpg


 ※今年4月に長男の芳生さんに社長を譲り、昌弘さんはNPO法人中央アルプス農業実践塾を立ち上げ、理事長を勤めている。JAと普及組織、農場の三者が力を合わせ、農業を志す人材を育てていく。

(※画像をクリックすると大きく表示されます)

 この大沼さんのダイズ栽培を、写真と作業日誌でビジュアルにお届けする「大豆ブログ」(仮)を、近日中に立ち上げます。ご期待ください。(水越園子 2007年7月24日取材)