栃木県大田原市にある前田牧場の毎日をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

自分らしさ

2015.06.25

こんにちは!
梅雨の晴れ間の洗濯が待ち遠しい今日このごろですね。


リニューアルして、まる二年以上たちました。
店の入り口が寂しかったので、模様がえ。
スタッフにフェンスをつけてもらい、自分でペンキを塗りました。


blog_maeda436_1.jpg


素人ならではの、ざっくりとしたところが、親しみやすくて良いのではないかと思いながら、少しずつ手を加えて自分らしい店にしていきたいです。

成長期!

2015.06.15

こんにちは!
梅雨に入り、街には色とりどりの傘が咲いています。最近は個性的な傘もあり、目が楽しいです。


さて、前田牧場の直売店の内部でいろんな変化が起き始めました。
店での私の仕事が少なくなってきているのです!
今までは私が動いたり、指示やお願いすることが多かったのですが、逆なのです。各自が気づいて自分の意見を持ち、自ら動いている。
日々の仕事の中から学ぼうとしているのが伝わってくるのです。


質問も多いです。自分が当たり前にやっていたこと、それが当たり前ではないスタッフ。
なぜこれをやるのか、スタッフが理解しやすいように伝えなければならなくなりました。
一人一人解釈が違うので、相手に合わせた説明。価値観が違うおもしろさ。楽しんでやってます。


grape_165_1.jpg


食事をするように当たり前にやってきた理由を言葉で伝えるのは大変ですが、自分のやってきたことに客観的になれるので、気づきがあります。ほとんど未熟だった自分の反省ですが...。


これを機に、前田牧場直売店のあり方や各商品の位置づけ、戦略を見直し、さらにステップアップできるよう、がんばります!

みなさんの応援が励みです!
これからもどうぞよろしくお願いいたします!


フィリピン式日本語

2015.05.25

こんにちは!


日ざしが強くなってきましたね。私は車の移動が多いからか、顔の右側にシミが目立ちます。日焼け止めをしっかり塗ってこれ以上増えないよう、がんばります!


さて、前田牧場のアスパラガスはフィリピン出身のスタッフが担当しています。みんな勉強熱心で日本語も上手に話せますし、写真のように書くことも出来ます。


blog_maeda434_1.jpg


ちえ子さんがちい子さんに
チュウモンがツモンに
フィリピンの人たちにはこのように聞こえるし、この発音の方が理解しやすいのかもしれませんね。


彼女たちが日本に来たばかりの頃、休憩時間も惜しんで小学生向けのドリルで勉強していた姿が思い出され、胸がいっぱいになってしまいます

このようなメモはしょっちゅう目にするのですが、そのたびにみんなを愛おしく思います。

スタッフがモデルの児童書発売!

2015.05.11

こんにちは! ゴールデンウィークはお天気も良かったので、楽しく過ごせたかと思います。

私は農家育ちなので、小さいときからゴールデンウィークは田植え。一番忙しい時期。お出かけした記憶はありません。大人になった今はお店に立ち接客業。ゴールデンウィークのお出かけは夢のまた夢です。


さて、ミートショップに勤務する伊藤さんと愛猫ナナちゃんがモデルとなった児童書が先月発売されました。


blog_maeda433_1.jpg


東日本大震災で悲しいできごとがたくさんあったけれど、希望を持って生きる伊藤さんのお話。
涙なしでは読めなかったです。


みなさんに読んでいただけたらと思いましてご案内をさせていただきました。
お近くの書店または前田牧場直売店でも扱っております。

やっと一段落かな?

2015.03.24

今日は直売店の定休日。
午前中に店のゴミを片付けて、帰ってきたらちょうどお昼になったので、ひさしぶりに家でゆっくり昼食をとりました。


直売店で販売している無農薬のベビーリーフや親戚のトマト、それと冷蔵庫の残り物を適当に。賞味期限が切れそうなパンにハムとチーズをはさんでしょっぱいフレンチトーストを作ってみました。


blog_maeda432_1.jpg


今までは洗い物が面倒だからという理由から、本当に簡単なものばかりでしたが、今日はその洗い物も楽しくできました。
食後のお茶を飲みながら、やっと心の余裕ができたんだなぁと、喜びを実感!


新しいメンバーになって大変なこともありましたが、大変なことは永遠ではなく、過ぎてしまえば何てことはない! 自分の至らなさに笑えることが多いです。
次はどんなことが起こるかな? と楽しめる余裕ができました。


さて、近所のカフェでケーキセットを食べて、少しまったりしてから店にもどり、書類の整理とスタッフ面談の準備をやることにします!
熟成肉の販売もおかげさまで生産が追いつかず、うれしい悲鳴!

どうぞみなさま、これからの直売店の成長をご期待くださいませ。
「おかげさまで」の気持ちでがんばります!!

このページの先頭へ