栃木県大田原市にある前田牧場の毎日をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

20度目の春の決意

2017.01.31

こんにちは!
先日新年を迎えたばかりと思っていましたが、大寒を過ぎ、1月は今日で終わり。早いですね!


昨日気づいたのですが、私が前田牧場に入社してからまる20年。
年数はあまりに気しないで過ごしてきましたが、月日の経つのは本当に早いと感じます。


立場も変化し、現場に立つこともなくなりました。
本当は現場が好きなのですが、若いスタッフが育ちませんものね!
スタッフの数が増えるとともに管理することも増えますし、安心して働いてもらえるよう、しっかりと環境を整えていかなければなりません。


一人ではあれもこれもこなせませんし、こなしても、うわべだけの作業になってしまいます。
しっかりと役割を分担して、みんなで会社を発展させていけるよう精一杯努力して行こうと、昨年入社した若いスタッフの作業風景を見ながら、自分の役割を改めて考えるのでありました。


maeda_473_1.jpg


明日から2月がスタート!
気持ちを新たにがんばりましょう!

感謝の気持ち

2017.01.19

こんにちは!
早いもので、今年も二週間以上過ぎてしまいました。
ご挨拶が遅れましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします!


さて前田牧場の畑では春に野菜を作るための準備が始まりました!

堆肥散布、ミネラル分の補充。
数回耕して土をふわふわにします。


maeda_472_1.jpg


食べるのは一瞬ですが、種をまく前からどれだけの手間がかかっていることか!
このことを私は就農してから気がつきました。
これに気づくと、すべてのものに対して、いろいろ考えるようになりました


たとえば、気軽に買えてしまう100円のボールペン。
デザインをする人、設計をする人、パーツを作る人、組み立てる人、検品する人、梱包する人、納品書や請求書を作成する人、荷物を運ぶドライバーさん、陳列する人、レジでお客様に販売する人。
100円のものでも、ざっと思いつくだけで、多くの人が関わって、自分の手元にやってきてくれます。それも一生会うこともない人たちの手によってです。
ありがたいですよね。だから大切に使おうと思いますよね。


今年の4月には、高校を卒業したばかりの新入社員が来ます。
自分がお手本となり、この部分をしっかりお伝えしたいと思っています。

    1
このページの先頭へ