栃木県大田原市にある前田牧場の毎日をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

ドライエイジングビーフ

2012.03.28

数年前、ある雑誌で「ドライエイジングにはホルスタインが最適」と言っている方がいました。
いつかこの方に、うちのホルスタインをドライエイジングにしてもらいたい! と念じておりましたが、その願いがとうとう叶ったのです!
その会社の名前は「さの萬」
静岡にあるお肉やさんです。



萬幻豚やローストビーフは、お取り寄せ雑誌などでも有名。
富士宮の焼きそばは、肉かすが入っているのが有名ですよね。
その肉かす入り焼きそばを考案したのが、さの萬さんの先代社長だそうです。


今日は、午後から東京の服部栄養学園で、ドライエイジングビーフの試食会。
前田の肉も出されるので、肉の状態を見に、静岡までやってきてしまいました。
朝9時に静岡入り、12時に東京へ戻るという強行軍。
さて加工された肉ですが、とてもよい状態だと、佐野社長も喜んでくださいました。


  
肉にカビが生えていてガビガビ。


カビにもいろいろありますが、この白いカビはよいカビ。
このサーロインは、骨付きで約16kgありますが、ガビガビを取ると8kgになってしまいます。
ドライエイジングビーフは、とてもぜいたくなお肉です。
アメリカでは、高級なお肉として、セレブな方々に好まれているようですよ。


このページの先頭へ