栃木県大田原市にある前田牧場の毎日をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

研修で得たもの

2010.09. 9

3日目は楽しい調理実習の時間です。
切り落としを使って、しぐれ煮やハンバーグ、塊肉でタタキとレンジローストビーフを作りました。
先生はホテル出身プロの調理人。スパイスやかくし味をうまく使った、牛肉によく合う味付けには脱帽です。


  


試食を兼ねた昼食で、今日は牛肉料理バイキング。大変おいしくいただきました。



そして、午後は原価計算の授業を受けて、カリキュラム全て終了。

これが終了証書です。⇒
短いようで長い3日間。牛肉は学ぶほどに楽しくておいしくて、もっと深く学びたくなってしまいました。


さて、今回の牛肉の基礎セミナーを受講して、先生の「私達の仕事は、いただいた命を大切に扱う職業である」という言葉に、直売を始めたころの、「かわいがって育てた牛を大事に食べてもらいたい」、「牛は経済動物として飼育しているけど、さわると温かく、人なつっこくて表情豊か。感情もあり、本当にペットのようにかわいい。その牛の命と引き換えに育ててもらった恩を、私は直売をすることで返したい」という強い気持ちを、思い出させていただきました。


物心ついたころから遊び場は牛舎で、大好きな牛(=友達)がそばにいました。
出荷する時の嫌がる牛を見て「命を売買する牛飼いなんてイヤだ。絶対にやらない」と否定したこともあったけど、牛の運搬業者さんの「俺たちだって屠殺場に連れて行くのはイヤだよ。泣く牛もいるからな。だけど誰かがやらなきゃいけないし、それを否定したら、肉になるために産まれてきた牛もかわいそうなんじゃないか」という言葉に、牛飼いを一生の仕事としようと決心したこと。
毎日の仕事で頭がいっぱいになり、それをつい忘れてしまっていたことを思い出させていただきました。


「牛たちがくれた命に恥じないよう、私にしかできない仕事を追求しよう。お客様に、もっともっと伝えなければならないことがたくさんある」
改めて心に誓いました。


思い出すきっかけをくれた、『いのちをいただく』という本を紹介してくださった研修担当の田中先生、青木先生、全国食肉学校の先生がた、お世話になりました。本当にありがとうございました。

このページの先頭へ