栃木県大田原市にある前田牧場の毎日をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

感謝の心

2010.09. 6

2日目は脱骨~小割りまで。
まずは、牛の半身(ギョーカイ用語では半マルと言います)ご覧ください。美しいでしょう?
一緒に写っている先生は背が高く、多分190cmくらいあります。牛がとても大きいのがおわかりになると思います。
この半マルを脱骨しながら、13のパーツに分けるのです。



先生が、こんなふうにぶらさがった肉に乗っかりながら、分けていきます。
息を切らしながら進めていくさまは、まるで生きた動物と闘っているようにみえました。


 


食べ物が食卓にあがるまでの見えない仕事が、生産者の私にさえ、たくさんあることを教えていただいた貴重な時間。
「命を扱う仕事だということを忘れないでください」と何度もくり返しおっしゃる先生に、これが本当の食育なのだと実感しました。


昼は、上州名物鳥めしでした。毎日肉です。ごちそうさまでした。



このページの先頭へ