提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


収量・品質のさらなる向上を目指したICT実証調査における田植え作業を実施(岡山県赤磐市)

2017年07月12日

 岡山県東備農業普及指導センターでは、平成27年度から全国農業システム化研究会ICT実証調査に取り組み、KSASの導入によるきめ細かな圃場管理を行うことで、収量・食味の改善と作業の効率化をめざした実証を行っている。


 実証を担当する農家は、赤磐市の株式会社ファーム安井。水稲(ヒノヒカリ、きぬむすめ、朝日)約20haを作付けしているが、生産した米のうち、食味の良いものを直売所等で販売しており、食味と品質へのこだわりが強い。


 平成29年度は、本格運用期として、収量・品質をさらに目標(収量500kg/10a、タンパク質含有率6.5%)に近づけるための実証を継続する。


 6月22日、KSAS対応田植機による、田植え作業を行った。当日は、岡山県内の普及指導員の研修会を兼ね、新任普及指導員が熱心に田植え作業を見学した。


20170622_sys_okayama_0002.jpg  20170622_sys_okayama_0009.jpg


20170622_sys_okayama_0017.jpg  20170622_sys_okayama_0031.jpg


 品種はヒノヒカリを使用。田植えと同時に一発型肥料(エムコート567G)を側条施肥するとともに、スクミノンをこまきちゃんで散布した。
 東備農業普及指導センターでは、今後、生育調査や収量品質調査を実施していく予定だ。


 株式会社ファーム安井では、KSASの導入により、作業指示者と作業者の間での十分な意思疎通も図られ、作業効率が向上しているという。受託面積の拡大に対応するためにも、本システムの活用が必要不可欠となっている。
 また、顧客に対して、食味へのこだわりや安全安心を伝えるためには、データを活用した根拠ある米作りを行う必要があると考えており、今後KSASのさらなる活用をめざす。


▼詳細はこちらから