提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


ICT実証調査 田植え作業実演会を開催(岡山県赤磐市)

2016年06月29日

 岡山県東備農業普及指導センターでは、平成27年度から全国農業システム化研究会ICT実証調査に取り組み、KSASの導入によるきめ細かな圃場管理を行うことで、収量・食味の改善と作業の効率化をめざした実証を行っている。


 平成28年度は、施肥設計に基づいてKSASで作業指示を作成し、田植機が作業指示通りに肥料を散布するか、また、施肥設計による収量・食味の改善効果を検証する。

 6月22日、KSAS対応田植機による、田植え作業を行った。あいにくの雨天にもかかわらず、岡山県普及関係機関、生産者、メーカー等の関係者約35名が集まり、熱心に田植え作業を見学した。


201606_sys_okayama_01.jpg   201606_sys_okayama_0436.jpg


▼詳細はこちらから