提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(秋田県大仙市)ICTを活用した水稲等の生産管理システムの構築に関する実証調査がはじまる

2016年06月02日

 秋田県仙北地域振興局農林部農業振興普及課では、全国農業システム化研究会事業により、KSASを活用した効率的なほ場管理・乾燥調製作業による収量・品質の向上と、鉄コーティング湛水直播栽培の導入による省力・低コスト化を目指した、現地実証調査に取り組んでいる。

 実証調査を担当する生産者は、株式会社RICE BALL。水稲68haを作付けし、近年の規模拡大が著しい法人だ。
 5月16日(月)、KSASによるほ場管理対象である実証ほにおいて、鉄コーティング湛水直播栽培の播種作業実演会が開催された。


201605_sys_akita0377.jpg  201605_sys_akita0425.jpg


 実証ほ場は、今後、KSASにより作業記録や収量・品質データを保管していく。生育調査記録等と合わせてデータを分析し、次年度の作付けなどに活用していく計画だ。


▼詳細はこちらから