提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(新潟県長岡市)収量コンバインで収穫作業~KSASコンバインを使ったITC実証調査

2015年09月29日

 9月14、15の両日、新潟県長岡市白鳥町の(有)百笑会の圃場で、KSASコンバインを使った収穫作業がおこなわれた。KSASに関心を持つ農業者5、6名を含む関係者約20名が集まって、作業を見守った。

 長岡農業普及指導センター課長のあいさつの後、普及指導センターの担当がKSAS取り組みの趣旨、経営体へのメリット等の意義等を説明した。
 続いて(株)クボタの植木技術顧問が「KSASの開発はここ新潟から始まり全国へ広がった」と開発・販売の経緯を披露し、刈り取りがはじまった。

sys_201509_niigata_0978.jpg  sys_201509_niigata_0980.jpg

▼詳細はこちらから