提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(新潟県長岡市)中間検討会を実施~コシヒカリの品質・食味・収量の高位平準化を目指したICT実証調査

2015年08月24日

 新潟県長岡市白鳥町の(有)百笑会の圃場で7月31日、全国農業システム化研究会のKSAS導入による実証調査の中間検討会が行われた。梅雨明け後の真夏の日差しが降りそそぐ中、関係者10数名が集まった。

sys_20150731_niigata_0043.jpg  sys_20150731_niigata_0035.jpg

 室内検討では、KSAS(圃場管理システム)の活用状況について、(有)百笑会の池田代表取締役が報告した。
 百笑会では「アグリノート」により圃場管理をしていたが、農機との連動が可能なKSASに魅力を感じて、昨年度の収穫からKSASを利用している。

sys_20150731_niigata_0065.jpg  sys_20150731_niigata_0064.jpg

▼詳細はこちらから