提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(新潟県長岡市)コシヒカリの品質・食味・収量の高位平準化を目指したICT実証調査がはじまる

2015年06月02日

新潟県長岡農業普及指導センターでは、平成27年からICT実証調査に取り組み、収益性の高い農業経営を実践するため、KSASの導入によるきめ細かな圃場管理を行うことで、品質・食味・収量の高位平準化と作業の効率化を目指した検討を行っている。

 実証を担当する農家は、長岡市の有限会社百笑会。水稲作付面積約35haのうち、11筆約2.3haを調査対象圃場として選定している。作付け対象品種であるコシヒカリは直販も行っており、顧客から高い品質が求められている。  5月12日、新潟県普及関係機関、JA、メーカー等の関係者約20名が集まり、田植え作業が行われた。

sys_20150512_niigata_0176.jpg  sys_20150512_niigata_0159.jpg

▼詳細はこちらから