大分県宇佐市安心院(あじむ)の「宮田ファミリーぶどう園」からお伝えします。  ▼プロフィールはこちら

RSS

あれこれ乗り越えて

2017.07.11

やってきました、今年も。


grape_260_1.jpg


7月9日、初出荷。


寒波や台風、地震、豪雨・・・と、人間の願いなどお構いなしの九州ですが、どうにか出荷を始めることができました。
いろんなことで、作業もてんやわんやですが、この先はおだやかに行きますように!!!


今年のぶどうですよ。
去年の写真の使い回しではありませんよ。

自然の恐怖

2017.07. 7

カラ梅雨だったことを忘れるかのように、次から次に自然の猛威をモロに受けている九州です。
大雨警報や避難勧告の放送、スマホやタブレットも鳴り続けました。
地震・台風に続いてまたも大惨事です。


幸い、我が地域は甚大な被害は今のところないようですが、
山からの土砂や草木が道路に流れ落ちている様子は、小規模ながらあちこち見られます。


身近にまた、「○○さんち、なくなったらしいよ」などと聞くとは思ってもいませんでした...


まだ雨は降り続いています。
今後も心配は続きます。


grape_259_1.jpg


あの山の向こう、大丈夫かなぁ...

次世代リーダー・・・?

2017.06.30

女性農業次世代リーダー育成塾。
・・・・・・
リーダーになれるかどうかはともかく、脳を刺激する講座に参加してきました。


grape_258_2.jpg


農業経営は、土や木を触る仕事以外にもたくさんすることがあって、経営、つまりは業を維持管理、発展させるためのお勉強も必要。せっかくいただいたチャンスに乗っかって行こうと思います。


しかし、空港から東京駅を経由して皇居のお堀が見えるところまで。
びっくりするくらい空を見ずにたどり着く大都会。


grape_258_1.jpg


何度行っても自分のペースで歩けません!!!

ストレス発散のかたち

2017.06.26

ひとそれぞれ、なにがストレスになるかは違いますが、彼の場合、雨でじっと小屋にいることが憂鬱の極みのようです。
梅雨は嫌いです。


じじ(わたしの父)が彼の小屋に日陰を作るために植えてくれた皇帝ダリア。
ガリっとボキっとやってしまいました。
雨の合間を縫って。


grape_257_1.jpg


じじさん、ごめんなさい。


grape_257_2.jpg


鎖に食いちぎった枝が鎖に絡まって即バレ。

お仕事の意味

2017.06. 9

前回、空前絶後の忙しさで乗り切った花芽の成型作業。
花同士がからまりまくって大変な作業なのです。


無事に実がつき始めたぶどうの写真ですが・・・


grape_256_1.jpg

きちんと玉数を確認し切りそろえた房

grape_256_2.jpg

残念! 忘れられ、長いまま放置された房


こんなに違うものに育つのです。
養分が分散してしまうと、あからさまですね・・・。


地道な面倒くさい作業ですが、ひとつひとつ大事な意味を持つお仕事なのですよね。

このページの先頭へ