大分県宇佐市安心院(あじむ)の「宮田ファミリーぶどう園」からお伝えします。  ▼プロフィールはこちら

RSS

新年度に便乗して

2016.04. 6

ぶどうの木は、実りの季節が終わり葉が落ちると休眠に入ります。
そして、4月頃っていうのは新芽が出始める季節です。
生きモノだから、ちょうど4月1日から! とはいきませんが、新しい一年が始まる時期ですね。
それに便乗といってはなんですが、苗の準備をしました。


grape_203_1.jpg

ポットに入れた苗、冬のぶどうは枯れ木に見えますね(^^;)・・・


grape_203_2.jpg  grape_203_3.jpg

新芽が高ーく伸びるために、支柱を立てます
これを伝わせて、私の背丈くらいまで伸びでもらいましょう


grape_203_4.jpg

ここ、重要! ネットで囲わないと一夜のうちに鹿の餌食です(-_-#)


あとは成長あるのみ!


働け表情筋

2016.04. 5

日ごろ、樹木とかパソコンばかり相手にしていると、
なんだか険しい顔になっている気がします・・・
試行錯誤や不機嫌顔がしみついてしまっているような。
それに加え、年ともに顔肉が緩む→下がる→険しい顔する→固定されるの悪循環!!!


よし、顔を動かそう!
足腰の筋肉だけじゃなく顔もきたえてやろう!
4月からの目標にしよう!


ちなみに、若くて表情豊かなイヌはこんな感じ。


grape_202_1.jpg
ごきげんアフタヌーン。


grape_202_2.jpg
拾い食いが止まらず、大好きな爺にブチ怒られ引きこもるの図。

人事異動により

2016.03.23

東京出張の際、いつもお世話になっている弟と友人が2人同時に転勤になり、東京での楽しみが減ることになりました。


わがぶどう園には人事異動はないものの、毎年少しずつ仕事が私に異動してきているようないないような・・・
3月も終盤になり、農家も4月からの新たな活動について模索中です。


ダンナちゃんは、ホワイトデーのお返し(はて、何もあげてないのにな・・・)に、なぜか完全仕事用の手帳をくれました。
ますます活動の幅を広げろという、無言のプレッシャーを感じているところです。


grape_201_1.jpg


ちなみに、弟は関西へ、友達は福岡へ。
結果、別の楽しみが広がりそうです。

崩壊の危機

2016.03.18

春風に吹かれて・・・


崩壊か。


ハウスの屋根が、なぜだかぶっ飛んで行こうとしています。
良く見ると、固定したバネも紐もぶち切れて、舞い上がっているのです。


grape_200_1.jpg


カマボコの包みを端からはがすようにめくれ上がってる図。わかりにくいですねぇ。。


急きょ、手元の作業を投げ出して屋根に上がり、固定の作業です。
今回は、たまたま私がこのハウスに入ったことで最悪の事態を逃れたものの(*_*;
気づかなかったら大惨事になるところでした・・・・・


鳥獣"植物"対策

2016.03.14

山間部では猪や鹿などの駆除対策はしているかと思いますが、
それとは別に結構厄介なことがあります。


『脇道・林道、草木はみ出し問題』


ぶどう園につながる道路は舗装こそしているものの、道路幅より舗装面が狭く、草木ががんがん道路を浸食してくるのです。
冬は成長が遅く浸食の速度は遅いものの、枯れ草や枯れ笹は風雪で倒れて道をふさぎます。


grape_199_1.jpg


舗装も穴だらけだし、避けて通るのがなかなか困難な状態なので、うちのスタッフさんと枯れ笹を抜きに行きました。
誰か気持ちだけ切ってくれてる部分もありますが、これは車に突き刺さる凶器ですよぉ(+_+)


grape_199_3.jpg  grape_199_2.jpg


大勢は利用しない道路ですが、生活圏にある人たちには、結構大きな問題です。
こんな対策もどこかしてくれないでしょうか・・・

このページの先頭へ