大分県宇佐市安心院(あじむ)の「宮田ファミリーぶどう園」からお伝えします。  ▼プロフィールはこちら

RSS

苗の手入れ

2016.04.26

地震から10日あまり過ぎました。
あまり報道されていませんが、大分県中部の別府・湯布院は震度6の震源地であったため、家屋のダメージ、高速道路の土砂崩れなど、けっこう大きく被災しています。
この地区は、山間部ということもあり、最近の雨で二次災害の危険があり、家に帰れない人もたくさんいるようです。
熊本・大分ともに、早く生活できるよう落ち着いて欲しいです。


---


さて、新年度一発目に整備した苗たちを久しぶりに手入れしてきました。
あれから一か月が過ぎ、新芽も着々と伸びています・・・・・


ってゆーか、苗はどーこだ?


grape_205_1.jpg


肥沃な畑は雑草の伸びも半端なく、勝手に栄養を吸収して伸び放題に伸びていき、
ぶどうが姿を消すほどになっていました。


除草剤!! と言えればいいんですが、そこは地道に草むしりです。
午後の作業はこれにかかりっきりで、足腰パンパンになりながらお手入れしました。
きれいになった後は、何本か出てきた新芽を選抜して、真上に伸びてくれるようにテープで誘引してできあがりです。


grape_205_2.jpg


鹿も虫も寄ってくるなよ~(=_=)

このページの先頭へ