提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(クボタ)トラクタ「ワールドシリーズ M860W-SE」を発売

2018年01月30日

~競争力強化のための生産コスト低減に貢献~

(株)クボタは、営農規模が拡大するなかで生産コスト低減に取り組む担い手農家に貢献するトラクタを発売する。

【商品名】
トラクタ M860W-SE

kubota201801-02.jpg
トラクタ M860W-SE

グローバル戦略機をベースに水田作業に求められる倍速ターンやモンロー(水平制御)等の機能を装備した大規模稲作農家向けのトラクタです。シンプルな機能とスケールメリットによりコストを抑え、複数台所有の2台目、3台目の需要にも応えます。

【発売日】
平成30年7月(予定)
 
【主な特長】
(1)国内特自排ガス4次規制対応エンジン「V3800」を搭載
○コモンレールシステム、クールドERGシステム、DPFに加え、NOx(窒素酸化物)を低減させる尿素SCRシステムを搭載し、よりクリーンな排気を実現しています。

(2)倍速ターン、モンロー機能を標準装備
○スムーズな旋回を可能にする倍速ターン、モンロー(水平制御)機能を標準装備し、代かき作業を中心とした水田作業にも対応しています。

(3)エンジン始動セキュリティ機能の搭載
○増加傾向にあるトラクタの盗難被害への対応策として、エンジン始動の際にパスワード認証が必要な電子メーターを採用しました(機能のON/OFFは選択できます)。

(4)クボタスマートアグリシステム(KSAS)対応へのアップグレードが可能
○シンプル・低価格がコンセプトの製品ですが、オプションの無線LANユニットにより営農支援システム「KSAS」のご利用が可能です。圃場ごとの作業内容や機械の稼働情報などを記録し、農業経営に活用できます。

●製品の詳細はこちら

●クボタ電農スクエアはこちらから