提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(大和農園)生でもおいしいフルーツパプリカ『F1ぱぷ丸』

2017年12月22日

(株)大和農園のフルーツパプリカ『F1ぱぷ丸』は、国産パプリカを手軽に作りたい野菜生産者におすすめの品種。青果サイズが30~60gと通常のパプリカ(120g~)よりも小柄ながら、食べ応えのある果肉の厚さと最大糖度12度というフルーツのような甘さを併せ持つ。


yamatonoen_papumaru_201712.jpg


『F1ぱぷ丸』の特徴
●果重30g~50g程度、果長6cm~8cm程度、直径4cm前後のミニパプリカ
●一般的なベル型パプリカと比べて収穫までの日数が短い(開花後45-50日)極早生品種
●完熟果は甘みが強く生食利用も可能
●果実サイズが小さいため、連続着果による樹勢の低下が生じず多収が見込める
●種が少なく、ヘタも小さいので調理も容易


詳細はこちらから