提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


えそ斑点病に耐病性をもち、耐暑性にすぐれ、幅広い作型で能力を発揮する赤肉メロン『レノンウエーブ』を発売

2017年11月30日

タキイ種苗は、2017年度の新品種として、耐暑性にすぐれ、幅広い作型で能力を発揮するメロン『レノンウエーブ』の種子を発売する。


201711takii_r_wave.jpg


『レノンウエーブ』の品種特性
●耐暑性にすぐれる
草勢は強めでつるもちがよく、高温期でも栽培が安定。低温期でも生育が緩慢になりにくいため、ハウス~トンネル作まで幅広い作型で能力を発揮する。
●果ぞろいがよく秀品率が高い
果形は球形で果ぞろいよく仕上がる。ネットは太めで密に安定して発生し、秀品率が高くなる。
●市場性が高い
種子部が小さく、皮際まで果肉たっぷりで、需要拡大が続くカットフルーツにも適する。肉質は緻密で高糖度。高温期出荷でも果肉は濃いオレンジに発色する。さらに、日もちにすぐれるため食べごろの状態が長続きする。
●えそ斑点病(MNSV)に耐病性で作りやすい
えそ斑点病は、生育不良や果実の糖度が上がらない、あるいは"ス入り"を引き起こすなど、生産・流通の両面で影響を与えるが、「レノンウエーブ」は、安定した耐病性を示す。接ぎ木栽培でも防げなかった地上部(傷口など穂木)からの感染も防ぐことが可能。その他つる割病(F0、F2)とうどんこ病にも耐病性を示し、裂果もしにくいため安心して栽培できる。


詳細はこちらから