提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


生育旺盛で作りやすい、晩抽多収の極早生種のタマネギ『スパート』を発売

2017年09月01日

タキイ種苗は、2017年度の新品種として、生育旺盛で作りやすい極早生タマネギ『スパート』の種子を発売する。


201708takii_spart1.jpg  201708takii_spart2.jpg


品種特性
●大玉でよくそろう極早生種

 肥大性にすぐれ、大玉によくそろう収量性抜群の極早生品種。暖地では4月中旬から、中間地でも4月下旬から収穫が可能。
●抽苔や分球が少なく作りやすい
 「スパート」は草姿立性で葉折れが少なく、生育旺盛で作りやすい。また、抽苔や分球が少なく、さらに病害に対しても比較的強いため、安心して栽培できる。
●甲高で玉じまりがよく、青切り出荷に適する
 熟期が早い品種の多くは玉がやわらかく、収穫や出荷時に玉同士がぶつかり傷んでしまうことがよくあるが、「スパート」は、青切り出荷でも玉傷みの心配が少なく、安心して作業ができる。
●寒さに強い
 地上部の生育は旺盛で冬の寒さに対し葉傷みが少なく、低温期の肥大性にすぐれる。基本的には暖地での栽培が適するが、中間地でも栽培することができる。


詳細はこちらから