提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


べと病抵抗性ヒマワリ『ビンセント® (2型)タンジェリンDMR』の種子を発売

2017年04月26日

(株)サカタのタネはべと病抵抗性を持つ観賞切り花用ヒマワリのF1新品種『ビンセント(2型)タンジェリンDMR』の種子を発売する。


sakata_binsento201704.jpg


『ビンセント(2型)タンジェリンDMR』は、当社の鑑賞切り花用ヒマワリ「ビンセント」シリーズにラインアップされる。花形と色が高く評価されている「ビンセントタンジェリン」にべと病への抵抗性を持たせた品種となる。病害への強さを持たせることで、病害防除のコストや労力を軽減でき、より安定して高品質な花を生産できる。


詳細はこちらから