提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


べと病レース10抵抗性!株張りのよい秋冬どり多収種! ホウレンソウ「牛若丸」

2016年04月18日

タキイ種苗は、在圃性と作業性を兼ね備えた多収型品種の育成に取り組み、重要病害であるべと病には、より上位の抵抗性品種の育成を進めてきた。
主力産地で試作の結果、収量性、収穫・調製作業性が目標に達していることが確認できたため 「牛若丸」として発売する。


201512takii_ushiwaka1.jpg


「牛若丸」の品種特性
●べと病レース10抵抗性の秋冬どり種
べと病レース1~10に抵抗性をもつ赤根の濃緑秋冬どりタイプ。特に中間・暖地の12~3月どりに適する。

●株張りのよい多収種
葉は肉厚の大葉で、葉先が丸くボリュームがある。葉柄は太く株張りがよいため、収量性にすぐれる。

●在圃性にすぐれる
葉柄が間伸びしにくく、温暖期でも葉身と葉柄のバランスがよいため、秋から春の幅広い作型で栽培できる。収穫期間も比較的長く、圃場での出荷調整が可能。

●収穫・調製作業がはかどる
葉柄は太くなるものの、しなやかで折れにくく、収穫・調製作業が容易。


詳細はこちらから