提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


咲き進むにつれて花色が変化し、1株でさまざまな表情を楽しめる『サンパチェンスⓇ スィートピーチ』の苗を限定発売

2013年11月07日

サカタのタネは、インパチェンス属の栄養系品種『サンパチェンス®』シリーズに『サンパチェンス® スィートピーチ』を追加し、通信販売および直営のサカタのタネ ガーデンセンター横浜で合計9,000ポットを限定販売する。


sakata_201311_sanpa_sp1_.jpg  sakata_201311_sanpa_sp2_.jpg


『サンパチェンス® スィートピーチ』の特徴
●『サンパチェンス®』シリーズ初のバイカラー品種。1つの花の中にサーモンピンク色の濃い花弁と淡い花弁があり、咲き進むにつれてだんだんと淡くなる。また涼しい時期には濃く、高温期には淡く変化する。
● 従来のインパチェンスの課題を克服し、暑さや強い日ざしに耐え、真夏でも株が大きくなりたくさんの花を次々に咲かせる。
● 環境浄化植物として各種有害物質の高い吸収分解効果を発揮する。大気のみならず、水中に溶けた窒素やリンといった栄養塩類の高い浄化能力を発揮。


詳細はこちらから