提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「長香太(ながかった)」 -加工用に最適な長形総太り夏秋系ダイコン

2013年10月17日

2013_kanda_daikonn1.jpg


●品種特性
①根長が長く、加工に向く形
 漬物やおでんの用途では、くり抜き加工が多く、一定の根径の太さと尻の部位まで円筒形となる。『長香太』は根長42~50cm、根径6.5~7.5cmで尻つまりの良い円筒形で、加工サイズに良く揃う。また曲がりが少なく歩留りは高い傾向にある。
②青首色は薄く、肉色は白い
 青首色が薄く、内部に青が入る内部着色は少ない傾向にある。また肉質は白い特徴を持っているので煮炊き、漬物(べったら漬け等)、その他の加工に適する。
③肉質は緻密で、食味は甘みを持つ
 肉質は緻密であり、硬さも程よい。ダイコンの持つ特有の青臭さや辛味も少なく、ダイコンとしては甘みも強い方で生食としてサラダやスティック状に調理しても美味しく食することができる。
④病気、生理障害に強い
 葉はおとなしい濃緑色でウイルス病、軟腐病に比較的強い。また高温期での生理障害(赤芯、黒芯)に強く、夏秋どりにも適する。


2013_kanda_daikonn2.jpg
一本のダイコンを根径7cm以上の部位より厚さ6cmでカット
(右:長香太、左:一般のダイコン)


●栽培のポイント
①播種期は北海道で7月下旬~8月中旬、東北・高冷地で8月、一般地で9月(トンネル栽培は10月上中旬)、暖地で9月~10月上旬(トンネル栽培は10月中旬)が適する。
②根が長いため、漬物産地のように耕土が深く、排水の良い圃場で特性を発揮する。排水不良や過乾燥条件では裂根する場合があるので、圃場選定に留意し過度な早播きはしないようにする。
③後半の肥料切れは肥大不足、す入りの原因となるため追肥を行うようにする。
④秋が温暖多雨な場合は、わっか症対策として、初期から殺菌剤防除を行うようにする。
⑤通常の総太り品種(55~60日目収穫)に比べ肥大がゆっくりなため、収穫期間は適期栽培で65~75日目を目安とする。


●問い合わせ
雪印種苗株式会社 種苗部 園芸課
〒263-0001 千葉市稲毛区長沼原町631番地
TEL:043-216-6277 FAX:043-298-9166