提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


家庭菜園用品種としては日本初。本格的な黄化葉巻病耐病性トマト「豊作祈願」

2013年04月23日

トキタ種苗は、家庭菜園用品種としては日本初の本格的な黄化葉巻病(TYLCV)耐病性で、食味の良い大玉トマト「豊作祈願」を発売した。


tokita_tomato_housaku1.jpg  tokita_tomato_housaku3.jpg


「豊作祈願」は、極早生で果実の大きさが200g前後の、酸味、甘みのバランスがよい美味しい品種。節間が短いことから、高さが限定されても収量が確保できる。1段目の着果性が良く、1段あたり4果程度着果させることができる。黄化葉巻病(TYLCV)は、普通の品種の場合、感染するとそれ以降の収穫が期待できなくなる重要病害だが、「豊作祈願」は、これに負けずに収穫ができる。その他、葉かび病、斑点病などにも強く、肥培管理をきちんとおこなえば、家庭菜園でも大玉トマトを収穫できる品種となっている。


詳細はこちらから