提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


ミニトマトのF1新品種『キャロルパッション』の種子を発売

2012年04月18日

サカタのタネは、食味のよいミニトマトのF1新品種『キャロルパッション』の種子を、2012年6月中旬に発売する。



ミニトマトのF1新品種『キャロルパッション』の特長
●葉かび病、萎凋病(フザリウム:R-1)、ToMV(Tm-2型)、斑点病に抵抗性、ネマトーダ(N)に耐虫性、根腐萎凋病にも耐病性をもつ
●生育後期まで収量が落ちず、花数は1果房あたり30花程度と、つきすぎないので摘花の必要がなく、異常茎の発生が少ないため栽培しやすい
●果皮が薄く、果肉が厚い。高糖度で肉質がよく、食味がとてもよい。果実は鮮やかな赤色で、テリがある。果重は約16g


詳細はこちらから