提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


品質のよさとつくりやすさを両立した次世代のホウレンソウF1新品種『プログレス』の種子を発売

2011年10月13日

サカタのタネは、べと病R(レース)-1~8抵抗性を備え、極濃緑色で耐湿性に優れる秋・春まき兼用ホウレンソウのF1新品種『プログレス』の種子を、2011年10月20日に発売する。



『プログレス』の特長
●べと病R(レース)-1~8に抵抗性をもつ
●当社従来品種と比べて耐湿性が強く、湿害による黄化が出にくい
●極濃緑、光沢のある剣葉で、葉先がややとがり、葉縁は浅く欠刻(切り込み)が入る
●葉の枚数が多いため収量性が高い
●草姿は立性で葉の絡みが少なく作業性に優れる
●秋まきでは従来品種より比較的成長が遅く、在圃性に優れる
●タネまき時期は当社従来品種の端境期にあたるため、同品種の使用により当社品種のみでもホウレンソウの長期安定供給ができる


詳細はこちらから