提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


トランスミッション、エンジンを全面改良したトラクタを新発売

2011年07月11日

(株)クボタは、担い手農家のニーズに応えるため、トランスミッション・エンジン・キャビンを大幅に改良し、高い操作性・快適な乗り心地・環境への優しさを実現したトラクタ「ゼロキングウェル」シリーズを新発売します。


ゼロキングウェル KL44ZH-PC
【商品名】
トラクタ「ゼロキングウェル」シリーズ
【発売日】
平成23年 7月1日
【開発の狙い】
○国内では農家の高齢化により集落営農や作業委託化が進み、担い手農家が増加傾向にあります。担い手農家が求める高い作業効率性・操作性、快適な乗り心地を実現するためにトランスミッション、エンジン、キャビンをゼロベースで見直しました。
○環境保全への関心が高まっている中、高出力・低燃費・低騒音・クリーン排気を実現する「コモンレールシステム搭載直噴エンジン」を搭載しました。
【主な特長】
○当社独自の「デュアルドライブトランスミッション」を採用(デュアルシフト仕様) 
○当クラス業界初!「コモンレールシステム搭載直噴エンジン」を採用 
○当社独自のワンタッチ省エネ機能「eクルーズ」を搭載
○キャビンをフルモデルチェンジし、室内空間を大幅に拡大
○クローラ構造を改良した新しいパワクロで、低振動・低騒音を実現(パワクロ仕様)

●製品の詳細はこちら

●クボタ電農スクエアはこちらから