提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


トルコギキョウ『ボヤージュ®』シリーズのラインアップが充実

2010年10月19日

サカタのタネは、大輪フリンジ八重咲きF1品種のトルコギキョウ『ボヤージュ®』シリーズに、1型(早生種)のグリーン、イエロー、アプリコット、2型(中生品種)のブルーの計4品種を追加し、2010年11月1日から生産者向けに種子と苗を販売する。


ボヤージュ®(1型)アプリコット<br />
ボヤージュ®(1型)アプリコット


トルコギキョウ『ボヤージュ®』シリーズの特長

●フリンジの花弁をもちボリュームのある豪華な花形が特徴の大輪フリンジ八重咲き品種。
●従来の大輪八重咲き品種は花首が弱く花が下向きに垂れやすい傾向にあるが、本品種は花径10~11cmと大輪で豪華な花形でありながら花首がかたく、ボリュームのあるアレンジメントに向く。
●花弁数が多く、一枚一枚が厚くしっかりしているため花もちがよい。
●発芽や生育のそろいがよく、高温期のロゼット化が少ないため栽培がしやすく、草丈がとれ分枝が旺盛。
●グリーンとイエローは早生、中生品種を組み合わせることで、産地のリレー出荷により早春から秋の長期にわたり切り花の供給が可能。


詳細はこちらから