提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


業界初! 鉄粉でコーティングした種子を直播する作業機を新発売

2010年08月30日

 (株)クボタはこのたび、お客様の「低コスト農業」、「規模拡大」、「軽労化」のニーズに応え、育苗箱で育てた苗を田に移植せずに、鉄粉でコーティングした種子を直接田面に播く栽培方法に適した直播機を、業界で初めて発売いたします。

【商品名】
鉄コーティング用直播機 「鉄まきちゃん」
【発売日】
平成22年9月1日
【開発の背景】
○食料自給率の向上が求められる中、米価の下落、農業資材や燃油の高騰、就業者の高齢化など、国内農業は厳しい環境にあります。
○このような状況において、種子を直接土壌に播く「直播栽培」は、育苗作業・苗運搬が必要となる「移植栽培」に比べて、低コストで労力がかからないため、注目が集まっています。
○なかでも鉄コーティング直播栽培は、鳥害の軽減、種苗費や資材費の削減、コーティング種子の長期保管が可能で、農閑期に準備できることに加え、移植栽培との組み合わせで作期分散ができ、機械や施設の効率利用、規模拡大が可能といったメリットがあります。
○お客さまの「低コスト農業」、「軽労化」、「規模拡大」のニーズに応え、業界で初めて、鉄コーティング用直播機を開発しました。
【主な特長】
(1)○高速で高精度な点播【業界初】
種子を繰り出す位置を田面から20cmの距離に設置したので、高速作業でも拡散せずに高精度な点播(※)が可能となりました。
※点播とは一定間隔で種を播くこと。点播によって、すじ条に播く条播に比べて風通しがよくなり苗の成長が良くなる。

(2)除草剤散布機、溝きり機を標準装備
除草剤散布機の装備によって、種を播きながら除草剤を散布できるので、時間と手間を大幅に削減することができます。また、水田に均一にスムーズに入排水を行うために、田面に溝を掘る溝きり機の装備により効率良く水管理を行うことができます。

(3)現行直播機に比べて最大43%安い価格設定
鉄コーティング直播に特化したシンプルな設計にすることで、当社の現行湛水直播機(DS-80NKF)と比較(※)して約43%安い価格設定を実現しました。
※現行直播機に除草剤散布機と溝きり機を装着した場合の希望小売価格と比較 dd>

(4)メンテナンス性の向上
残モミの排出、種を落とす繰出し部分の着脱が簡単にできるようになり、従来よりもメンテナンス性が高まりました。

●製品の詳細はこちら

●クボタ電農スクエアはこちらから