提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


『ビンセント® オレンジ』『同 クリアオレンジ』の営利向け種子を発売

2010年08月25日

サカタのタネは、ヒマワリのF1品種『ビンセント®オレンジ』『同 クリアオレンジ』の営利向け種子の受注を2010年9月1日から本格的に開始する。



『ビンセント® オレンジ』『同 クリアオレンジ』の特長

●日長の影響をほとんど受けず、一年を通して55日前後で開花するため、年間を通して同一品種を作付けできる。
●出芽ぞろいがよく生育が旺盛で、秀品率が高く採花ロスも少ない。
●止め葉(花のすぐ下の葉)が小さいので、花が葉で覆い隠されることがない。
●花首が丈夫で花が上に向かって咲くため、アレンジメントに向いている。
●切り花用ヒマワリの需要最盛期である3~11月に高品質の切り花を容易に栽培できる。
●時期を問わず花弁数が多く重ねがよいので、ボリューム感がある。
●無花粉なので花もちがよく、周囲を汚さない。


詳細はこちらから