提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


カセットガス式ミニ耕うん機のラインナップを充実~「駆動輪付きタイプ」と「フロントロータリ・タイプ」を追加~

2010年07月15日

 (株)クボタはこのたび、燃料の取扱いやメンテナンスが簡単で、初心者でも安心して手軽に扱えるカセットガス式ミニ耕うん機の駆動輪付きタイプとフロントロータリ・タイプを発売、家庭菜園向けのラインナップを充実します。




【商品名】
クボタ菜園倶楽部
「ニュー菜ビ(なび)カチット TR3500-C」(駆動輪付きタイプ) 
「ニューフロント菜ビ(なび)カチット FTR3500-C」(フロントロータリ・タイプ)
【発売日】
平成22年7月1日
【開発の背景】
○安心・安全な食への関心が高まる中、団塊世代を中心に家庭菜園愛好家が増加し、ミニ耕うん機の需要は増加傾向にあります。特に初心者の方でも手軽に扱えるカセットガス式ミニ耕うん機の需要は大幅に伸びています。

○このような中、当社は、今年1月に軽量な『車軸タイプ※』のカセットガス式ミニ耕うん機を発売し、販売は順調に推移しています。
※耕うん用の爪が推進用の車輪の役割を兼ねている耕うん機

○このたび、手軽なカセットガス式で、うね立てなど本格的な作業をおこないたいというニーズにも応え、ロータリとは別に駆動輪を備え、安定した機体でしっかりとした耕うんやうね立てができる『駆動輪付きタイプ』の現行モデルに、カセットガス仕様を追加しました。また、ロータリが機体の前方にあり、安心して作業ができる『フロントロータリ・タイプ』も追加し、カセットガス式ミニ耕うん機のラインナップを充実しました。

【主な特長】
○燃料交換が簡単なガスエンジン搭載
・スーパー等で購入が可能な家庭用カセットガスに対応したガスエンジンを採用しました。ボンベを出し入れするだけで、手を汚すことなく燃料交換が可能です。
・新品のガスボンベ1本で約30分間の連続作業ができ、30坪程度の家庭菜園を耕せます。

○容易なメンテナンス
・カセットボンベから常に新しいガスが供給されるため、燃料腐食による気化器の詰まりや点火プラグの汚損が少なく、メンテナンス作業が軽減されます。
・長期保管時にはボンベを取り外すだけでよく、燃料タンクや気化器から燃料を抜く等の手間が不要です。

●製品の詳細はこちら

●クボタ菜園倶楽部はこちらから