提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


タケノコ型ミニハクサイの新品種『プチヒリ』を発売

2008年11月25日

タキイ種苗は、タケノコ型ミニハクサイの新品種『プチヒリ』を発売する。


ミニハクサイの新品種『プチヒリ』


『プチヒリ』の主な特長  

●華北地方原産のチヒリハクサイ(紹菜)の血を引く、長円筒形のタケノコ型品種。
●適期まき直播栽培では播種後55日、移植栽培では定植後45日で収穫できる極早生種。密植栽培で一玉800~1,000gのミニサイズで収穫できる。ただし、元肥は大玉ハクサイの6~7割程度を目安に施用します。
●密植栽培で問題となるべと病に対して特に強いうえ、軟腐病などの病害にも強く、栽培が容易。また、外葉は立性となり、密植栽培でも玉ぞろいがよい。
●球内色は鮮やかな黄芯で、やや硬めの肉質は歯切れがよくて煮くずれせず、甘みのある食味は中華料理の炒め物・鍋物に最適。


詳細はこちらから