提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


家庭菜園用ミニ耕うん機「ニュー陽菜(はるな)シリーズ」を発売

2007年08月03日

TR5000・TR6000・TR7000・TR6000-U・TR7000-U

1.簡単操作
☆走行の前・後進の操作や耕うん作業が1本のレバーで操作可能です。
☆凹みのついたハンドル形状を採用。クラッチを握っても手を挟まず、扱いやすくなりました。
☆ハンドル持ち上げ荷重を軽減し、旋回もスムースに行えます。

2.耕うん性能を向上
大径ロータリと新設計のロータリカバーの採用によって、従来機よりも30mm深い150mmの深耕が可能になり、耕うん機の深さが求められる大根などの根菜類の栽培にも対応します。

3.全機種に簡単うね立て機能を搭載
☆「標準ロータリー仕様」は本体後部の「簡単うね立てマット」が土をかき分けてうねを立てます。
☆「ロータリーカバー開閉仕様」はロータリカバーを開き、土を左右にはねあげることで、うねを立てることができます。
☆うね立て機を別に取り付ける必要がないので、足元がスッキリし、旋回時のハンドル操作も軽快に行えます。

TR6000.jpg

★ニュー陽菜の詳しいご案内はこちらをクリックしてください。