提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


野菜の品質チェックに 鮮度を数値化する 「鮮度アシスト」 

2007年06月05日

鮮度アシスト


 世界で初めて発明された“鮮度アシスト”は、最先端の宇宙技術を応用した 「HYPER SPECTRAL REMOTE SENSING」技術(人工衛星の遠隔画像処理技術)によって、農作物等の新鮮度が「相対指標」として表示されるものです。  

 原理は、葉物野菜の葉表面に、可視から赤外までの光を照射し、各波長の微弱な反射光強度から、植物細胞の活性度を読み取ります。

 各種のフィルターを用いて、植物と非植物を識別し、ノイズ除去処理や鮮度計算処理を行うことにより、植物細胞の活性度、つまり光合成をする能力を直接的に計測しています。


 【操作手順】
  1. アルミテープ(2cm角)の上にサンプルを置く
  2. センサー部をサンプル先端部に密着させる
  3. スイッチを押すと液晶画面に数値が表示される

 数値は0~100hs(hsはハイパースペクトルの略で本器独自の数値。数値が高いほど鮮度も高い)


お問い合わせは
富士平工業株式会社 農産機器部
TEL:03‐3812‐2271 TEL:03‐3812‐3663
Mail:info@fujihira.co.jp