イネ栽培を中心に、小田農場(新潟市南区)の日常や地域の 出来事をお伝えします。

RSS

◆2009年2月

今年のテーマは「~収量から品質へシフト~」

2009.02.25

 2月21日(土)、新潟市南区のセレモニー「哩紅司」で、「第12回JA新潟みらいしろね稲作部会 定期総会」を開催しました。275名の部会員から多くの人が参加し、講演、次いで総会で様々な協議の後、懇親会で日頃の友情を温めました。


 総会の冒頭に、共励会の平成20年度表彰を行い、コシヒカリ共励会で5名、直播専門部共励会で3名、酒米表彰で2名が、それぞれ表彰されました。
 続いて、平成20年度の事業と収支決算、役員改選、平成21年度事業と収支予算等について協議、いずれも事務局原案どおり承認されました。

開会のあいさつ  
開会のあいさつ


 稲作部会の今年のテーマは「~収量から品質へのシフト~」。
 減肥・適期施用による施肥の適正化と、出穂前後の水管理の徹底により、「大形な稲づくりからコンパクトな稲づくり」へシフトすることを目指します。


 先に行われた講演会では、中島正徳さん(キリンビール新潟総括支社営業部長)の「ビール業界から見た新潟米の販売戦略」と題した話を聴きました。
 “新潟のおいしい楽しい食卓を提案していこう”キャンペーンで、キリンビールが地産地消の具体的な取り組みをしていることや、そのために生産者とともに新潟の価値を共有したいと話されました。

講演をする中島さん  中島さんの映像資料 “新潟県産品のおいしさを東京にもっと広めたい
左 :講演をする中島さん / 右 :中島さんの映像資料 “新潟県産品のおいしさを東京にもっと広めたい


 先に部会長を辞任したい旨申し入れをしていましたが、もう1期受けざるを得なくなりました。やむを得ません。部会員とともに歩んでいきたいと考えています。
 今年、来年と大きな転機を迎え、稲作にとって大変な年になることが予想されます。この事態をどう乗り切っていくかが、問われています。

JA新潟みらいの高橋組合長からコシヒカリ共励会の表彰を受ける  熱心に協議する部会員
左 :JA新潟みらいの高橋組合長からコシヒカリ共励会の表彰を受ける部会員 /
右 :熱心に協議する部会員


(※画像をクリックすると大きく表示されます) 

平成21年度産米の作付計画  

2009.02.17

 平成20年度産米は、品質が前年より大幅に向上し、ひと安心しています。ただ、棹長の伸びすぎなどでほとんど倒伏してしまったのが、反省点です。
 この課題を解決しながら、21年度は、さらに高品質で食味の良い米づくりをしていきたい、そして、「しろね稲作部会」として、新潟県や新潟市が進める「売れる米づくり」の取り組みをもう一歩前へ踏み出して、「買ってもらう米づくり」を目指していきたいと考えています。


 21年度の米づくりは、次のように計画しています。
 作付面積合計  740a
  ●コシヒカリ  490a(特栽米5割減減 210a、3割減減 280a)
  ●こしいぶき   60a
  ●わたぼうし   90a
  ●五百万石   100a


 環境にやさしい米づくりを一層進めていくため、特栽米(5割減減―化学肥料に由来する肥料成分と農薬の使用量を通常の半分以下にして栽培する―)を昨年の180aから210aに増やす予定です。
「こしいぶき」、酒米の「五百万石」は前年と同じ面積。
昨年まで大豆を作っていたところを稲作に戻し、その後に倒伏に強いモチ米の「わたぼうし」を作付する予定です。

 年間の作業の目安は、おおむね昨年と同じです。
 種子消毒3月21日、播種4月21日から、田植え5月3日から、コシヒカリの出穂見込8月3~4日、コシヒカリの刈取り9月15日から、と見ています。

 2月21日(土)に「しろね稲作部会」を開催する予定で、ここで、さらなる品質向上に向けて、意識を高めていくことになっています。
写真 右:21年度の作付計画を語る農場主


(※画像をクリックすると大きく表示されます) 

養豚経営の危機!  

2009.02.10

 米、園芸とともに経営の柱である養豚経営が、大変な時を迎えています。
養豚経営立て直しの鍵を握る母豚

 昨年までは、飼料の高騰に泣かされました。続く急激な円高と未曽有の経済危機の中で、飼料は安くなったものの、外国からの輸入が激増し、出荷価格が低落してしまいました。今は、出荷する毎に大赤字という状況になっています。

 このような時に発動される、補填のための安定基金も1月分で底をついてしまい、2月の出荷からは補填なしになってしまいました。廃業に追い込まれた仲間もいます。 

 小田農場では、この危機を乗り切って、これからも養豚経営を柱のひとつにしていくために、長期的な視野に立っての経営の立て直しに着手したところです。
右 :養豚経営立て直しの鍵を握る母豚

 なお、4月29日に生まれた豚の赤ちゃん(4月30日報告)は、すでに昨年末までに出荷が終わっています。


(※画像をクリックすると大きく表示されます) 

1月18日からいちごの出荷を始めました

2009.02. 5

 新潟県特産で、大粒で果肉の柔らかな「越後姫」の出荷を始めました。
昨年10月2~4日、ハウス3棟(計240坪)に6000株植え付けた半促成栽培で、通常より半月早い出荷になります。


いちごを栽培する80坪のパイプハウス  ハウス内の高設栽培では、現在1段目を収穫中(6段目まで収穫)
左 :いちごを栽培する80坪のパイプハウス / 右 :ハウス内の高設栽培では、現在1段目を収穫中(6段目まで収穫)


 今年の出来は非常に良く、甘い香りが漂うハウスの中で、毎日、1粒1粒丁寧に収穫しています。これから約半年間、6月30日頃まで収穫の予定です。
 1日に20箱(1箱に4パック)を出荷していますが、生協の特別注文やデザートの定番に使いたいという料理屋の注文が多く、JAへの出荷が充分にできない状況です。

パックに入った「越後姫」(4パックで1箱となる)
パックに入った「越後姫」(4パックで1箱となる) 


 新潟市南区のイチゴ農家9人で構成する「JA新潟みらい しろねいちご部会」で共同出荷していますが、糖度センサー10.5度以上、1パック320g以上、週に2回の糖度検査の義務付けなどの厳しい基準でブランドを守るようにしており、新潟県内ではトップクラスの品質と出荷量を誇っています。
 部会員9人の総面積は約1ha。多い人は、600坪(20a)もの規模です。小田農場でも、規模拡大を検討しているところです。


(※画像をクリックすると大きく表示されます) 

上へ戻る