イネ栽培を中心に、小田農場(新潟市南区)の日常や地域の 出来事をお伝えします。

RSS

セロリーとブロッコリーを出荷しています

2008.11.28

 上々の成績で米の検査が終わり、大豆の収穫も終わりました。ほっと一息ついたのも束の間、にいがた総合生協との契約栽培によるセロリーとブロッコリーの出荷に追われています。


 最近は朝6時に家を出て、新潟市小新にある生協の流通センターで7時に荷を下ろし、8時半に帰って来るのが日課です。朝食後は翌日の分を収穫し、出荷準備を行っています。セロリーもブロッコリーも、鮮度保持フィルムに包み、みずみずしさを保つようにしています。


セロリーの収穫。セロリーの収穫と出荷準備は、妻と息子が担当 収穫したセロリー セロリーの出荷準備
写真:
左 :セロリーの収穫。セロリーの収穫と出荷準備は、妻と息子が担当
中 :収穫したセロリー
右 :セロリーの出荷準備


 セロリーの出荷は11月16日から12月11日頃までで、1日に300~400セット出します。夏の天候が比較的涼しかったことと、水気を切らさないように心掛けたこともあり生育がよく、味のよいセロリーになりました。大きすぎるため、生協からの要請で、半分に割って出荷しているほどです。


 ブロッコリーは25a栽培しています。11月3日から12月11日頃まで出荷します。JA新潟みらいの蔬菜部会の仲間13人で、1日に約1000個、そのうち100~200個が小田農場の分です。
 19日(水)の初雪と雹で、茎や葉に被害を受けましたが、幸い影響はありません。


収穫前のブロッコリー ブロッコリーの収穫。ブロッコリーは、私が担当 鮮度保持フィルムにブロッコリーを入れる  
写真:
左 :収穫前のブロッコリー
中 :ブロッコリーの収穫。ブロッコリーは、私が担当
右 :鮮度保持フィルムにブロッコリーを入れる

 
 生協のほかには、市場と直売所「桃太郎」に出しています。
 直売所「桃太郎」には、春以来たくさんのお客さんに来てもらいました。そのお礼に、12月7日(日)に感謝祭を行い、様々な催しで楽しんでもらおうと思っています。


(※画像をクリックすると大きく表示されます)

上へ戻る