イネ栽培を中心に、小田農場(新潟市南区)の日常や地域の 出来事をお伝えします。

RSS

高校生のインターンシップを受け入れました

2008.08.25

 8月7~9日と、8月21~23日の2回、新潟県立加茂農林高校のインターンシップ研修を受け入れました。

 1回目は、2年の坪谷さんと小柳さんの2人(小柳さんは8月6日から)。
ちょうど出穂期で(8月9日付「イネの花が咲きました」参照)、農業体験は、枝豆の収穫と出荷が中心となりました。

 8月7日夜は、白根地区特産の「しろねポーク」の焼肉パーティで歓迎会を開き、8日夜はカレーと桃湯で労いました。生徒には、夜の家族との交流が楽しみのようです。


 2回目は、3年の中沢さんと渡辺さんの2人。
 今回は、枝豆の収穫と出荷だけでなく、牛の去勢の手伝い、野菜の苗管理、ハウスの寒冷紗の撤去、「しろねフルーツまつり」(8月24日開催)準備の手伝い、選果場(果物)の見学など、様々な体験をしてもらいました。

作業の合間に 研修生と 枝豆の莢採り作業 フルーツしろね(選果場)を見学

 2人とも、この体験を進学先で活かしたいと積極的でした。
 研修中は、作業体験だけでなく、農業経営に係るいろいろな話をしています。農業を見てもらい、今後に活かしてもらえればと考えています。


 加茂農林高校のインターンシップ研修は、新潟県の新規就農者確保・育成事業の一環で実施されています。小田農場では、平成13年度から毎年続いており、これまでに受け入れた生徒は、男子13名、女子4名になります。


(※画像をクリックすると大きく表示されます)

上へ戻る