淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

勉強勉強

2016.12.21

日々勉強。
毎日勉強。
常に勉強。


blog_carnation893_2.jpg  blog_carnation893_1.jpg


いやぁ、みなさん貪欲です(笑)


新品種の試作データやら、養液栽培の肥料構成やら、時間や量、季節に応じた施肥の仕方等々・・・
ここ数年、ある程度確立された感のある養液栽培も、最新の研究だと、今まで普通と思われていたことが、実際とは違っていたってことがあるみたいですね。


非常に鈍感なのに、非常に敏感なカーネーション・・・
いやぁ、難しいッスわ。


特に今年は天候が無茶苦茶すぎて本当に困ります。
例年と違いすぎて困りすぎます・・・

これは使えるかな?

2016.12.20

カーネーションに限らず、日々新しい栽培技術の向上が図られていますが、実験段階ならともかく現場に浸透させるのはなかなかに難しい問題ですね。


例えば、チオ硫酸銀を使った花持ち処理や、黄色蛍光灯を使ったヨトウ等の予防は、ずいぶんと浸透した技術です。
どのような革新的な新技術も結局、現場で受け入れられなければ意味がありませんからね。


んで、最近僕が気になってるのが、仮植した苗を冷房して育ててから、本場に植えることで採花までの期間を短くし、なおかつ冷房の効果で品質向上も図るってやつです。
まだいろいろ実験段階なので、詳しくは書けないんですが...


blog_carnation892_1.jpg


僕的には、かなり有望じゃないかと考えています。
ちなみに、仮植しているので、本場に植える時には、地面から少し飛び出したような見た目になります。

なかなか壮観

2016.12.19

ちょこっとイベントがあって、淡路市カーネーション若手連絡会に参加のオファーがありました。
毎年なんだかんだでウチらのグループに、この手のオファーが数件くるんですが・・・


内容次第でこちらにもメリットがある話なので、受けることに否はないんですがね。
短いスパンで連発されると、時間的にも身体的にも負担が・・・
より好みみたいになっちゃいますが、なるべく厳選したいところです。


ちなみに、このたびのイベントは、とある商業施設でのサンプルの展示&花束の販売です。
例年だと花束の配布系のイベントが多かったんですが、それだと結局何のPRにもならないんじゃないか? と、常々考えていたので、ある意味本意にかなうものです。


blog_carnation891_1.jpg


ただでもらった物は大事にしませんし、とくに次の行動、つまり購買につながらないですからね。
それなら少額でも対価を支払ってもらえれば、きっちりと消費者の目で評価してもらえます。
ちょこっと怖いですが、よりリアルな販促活動につながりますからね。


販売自体は市価より結構お安く設定してますが・・・
さて、どのくらい売れますかね~。


blog_carnation891_2.jpg


あ、もちろん売り切ることが目的じゃなくて、よりたくさんの方にウチらのカーネーションを知ってもらうことですよ~(笑)

実りの秋

2016.11.29

すでにカレンダーでは冬場ですが、この時期に収穫するとこう思いませんか?
『収穫の秋!』
って。


お米やらサツマイモやら、毎年毎年楽しみにしているものもありますが、結構年ごとに不定期って言うか、不規則なものもありまして・・・
とくに、わが家では柿がそうですね。
表裏って言って、豊作不作が代わりばんこに来るのがよくあるパターンですよね。
でも、ウチの柿の木は樹齢半世紀近くの、まぁまぁな高齢者。
あんまりムラなく、毎年収穫出来てるんですが、なぜか今年はようすが違いました。


枝が折れるんじゃないか? ってくらいの豊作!
逆に枯れる前の最後の輝きちゃうか、って心配してしまうくらいです。
とはいえ、黄色からオレンジにだんだん色づくのを楽しみに見ていたんですが・・・
今朝、柿の木からカァーカァーとやかましい鳴き声が!


ぎゃぁ~!


か、カラスが団体でモーニングの最中です。
こりゃあかんて~
ってことで、あわてて収穫することに。
すでにかじられたのは置いといて、もう少し熟すの待ちたいのも仕方なくとって集めると、1本の木でコンテナに丸々4杯ありました。


blog_carnation890_1.jpg


しばらくは柿には困らないですね(笑)
さすがに多すぎるんで、あちこちにおすそ分けします。

土木工事してます(笑)

2016.11.28

最近、時間を見つけては、土木工事のまねごとをしています。
うちは枠板で畝を囲った隔離ベッドでカーネーションを栽培するんですが、古い圃場だと僕が子どもの頃からの連作継続中・・・
なので、毎年土壌改良にはいろいろ工夫しているんですが、ここ数年保水性、排水性に問題が出てきました。
そこで、思い切って枠板を外して、天地返しと暗渠を実施することにしました!


とはいえ、間口の狭いビニールハウスなので、小型の重機すら入りません。
ってことで、2本の腕をフル活用してのビバ人力!


うーん、全然はかどらない。
やめときゃよかったかなぁ~なんて、若干心が折れそうになりながらも、なんとかめどがつくところまでやってきました。


blog_carnation889_1.jpg


次やるときは、もう少し効率化対策とらないと体がもたないな・・・


このページの先頭へ