淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

カラフルに

2017.06.15

「使える物は親でも使え」
わが家の家訓です(笑)。


で、当然ながら中身を使い終わった後の肥料袋なんてのは、しっかりリサイクル&リユースさせてもらいます。
スイカや、メロン等の定植直後の覆い代わりに、使い終わった肥料袋の両端を開いて筒状にして、四本の支柱立てた所にかぶせてやればOK。
今年はスイカや、メロン、カボチャにマクワウリ等々、地ばい系の瓜類を数種類植えたので、肥料袋もそれなりの数が必要でした。


blog_carnation916_1.jpg


しばらくしたら、防草シートを苗の周囲に敷けば夏場の雑草対策にもなりますし、果実の接地面がきれいに仕上がるのでありがたいですね~。
防草シートはそこそこのお値段やから、初期コストはかかりましたが複数年度使えるし、もとはとれますしね。


あ、ちなみに圃場の中ほどに何本か植わっているのは、ちょっと前に植えたブドウ等の苗木です。
畑が果樹園になっていきそうな気配が・・・


このページの先頭へ