淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

およそ2カ月

2017.02. 6

ふむふむ。
なかなか順調ですね~。


blog_carnation897_1.jpg


作業の分散化等の目的で、通常暖地の作型(6、7月定植、10月頃からの採花)とは異なるタイミング(昨年の11月下旬)で圃場の一部分を改植してみました。
目標は、暖地の改植が終わる6月下旬から7月上旬頃から一番花の採花できるのが理想です。
で、二番花を年内で切って再び改植すれば、無加温で栽培できますしね。


今のところ順調に活着もして、良い感じですね。
冬は湿度が低いから、過湿による病気もないし、管理自体は楽なものです。
摘芯して脇芽も旺盛に吹いてきましたし、このまますんなり採花まで育って欲しいところです。


ただ...


順調過ぎて、ちょっと早めに採花時期が来ちゃうかも。
ようすを見ながら修正摘芯しないと、タイミングが大変なことになっちゃうかもしれないです(汗)

このページの先頭へ