淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

変なの~

2015.08.25

田舎の田んぼと山に囲まれた家なもので、時々変なのが登場します。


壁に何だか緑色の生き物が...


blog_carnation811_2.jpg
まあ、昆虫系ですよね。


でも、ちょっと変なの~。
普通の昆虫は頭、胸、腹の三部位に別れていて胸から脚が左右に三対はえてますよね?
なのにこいつは、頭、胸、腹のそれぞれに一対の脚が。


blog_carnation811_1.jpg
き、キモい!


突然変異か、何かの不完全変態の途中の段階なのか。
とにかく見たことない種類ですね。


昆虫は、僕の中では無駄を省いた超システマチックな姿で、機能美の塊ってイメージがあるんですよね。
カマキリなんて、子どもの頃から生粋のハンターですし。
また、昆虫の作り出す物もきれいですよね。
蜘蛛の巣なんて素晴らしい造形美ですし、トックリバチの巣なんて「良い仕事してますね~」って感じです。


blog_carnation811_3.jpg


なのにこいつは...
この不思議な姿にも特別な意味があるのかな?

順調順調

2015.08.24

梅雨明けしてから好天が続いたので、カーネーションの生育も良い感じです。
摘芯(ピンチ)が終わった株からは、しっかりと脇芽が伸びて来ました。


blog_carnation810_1.jpg  blog_carnation810_2.jpg


このまま、しっかり育って欲しいですね。


昨年は曇天続きで生育不良が響き、収量は悲しい結果に......
伸びてきた芽も、例年より少ししっかりしていますね。立ち本数も多目ですし。
これは好天プラス、白黒マルチの効果でしょうね。
保水性と地熱抑制、さらに、照り返しによる光合成の効果アップが考えられるかと。


あとは、日中11時~15時位は暑すぎるのでカーテンを展開しているんですが、昨年アルミ蒸着シートに張り替えたので、温室内の気温が、さほど上がらずにすんでいるのも大きいかな?

嘘みたいな本当の話し 其の②(笑)

2015.08.22

まさか、とうもろこしの芯に蝶が寄ってくるとは(笑)


なんて言ってると、これまた不思議な光景が...


blog_carnation809_2.jpg
蝉、なんで君はソコに居るの?


普通は桜などの木にとまって樹液を吸ったり、喧しく鳴いたりしてますよね?


なのに......


なぜ、カーネーションの蕾にとまってるんやろ?


色か?
匂いか?
まさか樹液狙い?


単に弱っていて、たまたまとまっていただけかと思ったけど、触ると元気に飛んで行ったから違うよね。
何だか不思議~

嘘みたいな本当の話し(笑)

2015.08.21

最近のとうもろこしって、甘いですよね~
うちの子も、ゆでてあると食事もおやつもそっちのけでかぶりついてます。


僕らが子どもの頃も大好きで食べてましたが、ここまで甘い品種はなかったですね。
黄色と白色のバイカラーのとうもろこしに衝撃を受けたのは、よく覚えてますが。


実をきれいに食べて芯の部分を捨てておいたら、何とビックリ!
蝶が汁? を吸いに来てました(笑)
そこまで甘いか?


blog_carnation808_1.jpg


っていうか、本当に吸いに来たんかな?(笑)


食べるをはじめる

2015.08.21

以前書いていた
「食べるをはじめる」
って覚えてますかね?


一年以上を経過して、いろんな展開を見せていますよ。
ぜひ一度、ググってみてください♪


その活動の一つをこのたび神戸新聞に取り上げていただきました。


blog_carnation807_1.jpg


甲子園大学の栄養学科の生徒さんと、若手農家がコラボレーションしてレシピコンテストを開いたんです。
優秀メニューは、期間限定で学食で提供されるのだとか。
うーん、楽しいですね。

こうやって、生産者と消費者が直接ふれ合える機会って大切ですよね~

このページの先頭へ