淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

比べてみると

2015.06. 4

blog_carnation787_2.jpg


改めて比べてみると、ずいぶん違いますね。
小型の管理機の鋤爪を取り替えたんですが、鉄製の爪がえらくちびてました。


わが家は、トラクターに比べて小型の管理機の仕様頻度が高いので、爪の交換もチョイチョイすることになります。
まぁ、大規模な稲作や、畑作の方に比べたら大したことないんですが。


全体的にすり減っている爪ですが、よく見ると左右でも減り方に差がありますね。
右側の爪の方が少し減り方が激しい感じです。


blog_carnation787_1.jpg  blog_carnation787_3.jpg


機械にも癖が?
と思ったけど、良く考えてみたら90cm幅の隔離ベット内を60cm幅の鋤幅で往復しながら鋤くのですから、片側は一度鋤いた場所を帰ってくる事になるんですよね。
その分、爪への負担が少ないってわけですね。


うん、納得(笑)

このページの先頭へ