淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

これは雨の恵みかな?

2015.04.16

雨後の筍。
っていうか、雨中の筍でしょうか?


ちょっと裏山に行ってみたら、にょきにょきとあるはあるは。
手頃なサイズが一輪車に山盛りとれました。


さすがに全部は食べきれないので、御近所さんにもおすそ分けしました
それでも大量の筍。


blog_carnation780_1.jpg


さっそくあくぬきしちゃいましょう。
最近いろいろ手伝ってくれるようになった上の子が筍の皮をむいてくれました。


その後は米ぬかを一握り入れた鍋で沸騰したら弱火にして30分位ゆでます。
お湯からゆでると煮え方にむらができて食感が悪くなるので、水からゆでる方が良いですね。
短めだと風味が強く残りますが、あくも若干残ります。
長めだと風味は少し弱くなりますが、あくはしっかりと抜けてくれます。
基本的に筍のあくはシュウ酸なので水溶性ですから、長くゆでたり水につけておけば、ある程度緩和されますよ。


blog_carnation780_2.jpg


ゆで上がったら火からおろして自然に冷ましてやれば、下準備は完了です
あとは若竹煮や天ぷら、筍ごはんに炒め物、木の芽味噌和え等々でしっかり味わいます。
たまら~ん(笑)


保存する場合は、鍋やボウルに筍が浸かるくらい水を入れて冷蔵庫で。
毎日水を換えてやれば3日位はおいしくいただけますよ。


このページの先頭へ