淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

こんな物まで!

2013.09.25

先週の台風はすごかったですね。
いまだに、あちこちに被害の跡が残っているようです。
淡路島でも、稲刈りを控え、かなりの被害が出た地域もあるそうです。
やはり、自然は恐ろしいですね。


そして、こんな物まで! ってのを見てしまいました。


写真で分かりますかねぇ?
近所の海外沿いを車で通っていると、波間にプカプカと何かが。


blog_carnation612_1.jpg


ん?
って、えぇっ~!


思わず、Uターンしちゃいました。
何と、木が流れて来ています。
それも、根っこごと。
おそらく、どこか海沿いに生えていたのが、波にさらわれたんでしょう。
見た感じ全長10m程度でしょうか。
あんなのまで流されて来るって、やはり自然は恐ろしいです。


これも、農薬削減に......

2013.09.24

つながればいいなぁ~と、期待を込めてます(笑)
パッと見、分かりますかね?


blog_carnation611_1.jpg


いわゆる、忌避剤ってやつです。
臭い等で害虫が近づくのをブロックして、圃場への侵入を防ごうってコンセプトの資材ですね。
ちょっと臭いをかいでみましたが‥‥


‥‥オェッ(苦笑)


何とも言えない臭いがしました。
たしかに、効きそうな感じがします。
まあ、たぶんに気休め感が強いですが。
薬剤散布と違って、なかなか効き目が目に見えないんで。


農薬を減らすには...

2013.09.21

すっかり朝晩涼しくなってきたし、そろそろ気をつけないといけませんね。
ヨトウやタバコガなど、夜蛾の類いが活発に活動し始めます。
やつらは特にカーネーションの蕾や、成長点に近い柔らかな場所に卵を次々産み付けて行きます。
孵化した幼虫は、次々とカーネーションを食い荒らして行くんですよね(-o-;)
困ったもんです。


とくに、周囲の田んぼでは早生の稲の刈り取りが始まりました。
すると、隠れ家を追われた蛾達が住み処を求めてやって来ます。

最近大きな雨が続いていたので、多少は例年より少ないかな? と、ちょっと期待したりして。
とは言うものの、油断は大敵。

本来なら薬剤散布で退治してしまいますが、わが家ではなるべく薬剤散布を減らすために、いくつか対策しています。
その1つが、フェロモントラップです。


仕掛けてみて一日。


blog_carnation610_2.jpg


いやぁ、たくさん取れました。


blog_carnation610_1.jpg


あまり気持ちの良い眺めではありませんねぇ~f(^_^;


名月や

2013.09.20

「名月や 池を巡りて 夜もすがら」
などと、松尾芭蕉が詠んでますが、さすがにきれいな月ですねぇ~。


blog_carnation609_1.jpg


朝晩涼しくなってきたとはいえ、さすがに池の回りには蚊が飛んでるんで、ちょっと遠慮しました。
ってことで、海辺を巡りて夜もすがら~
って感じです。


まだ三歳のうちの子は、すっかり爆睡。
「名月を 取ってくれろと 泣く子かな」
とは、なりませんね(笑)
こちらは小林一茶でしたかねぇ~。


あちゃぁΣ(ノд<)

2013.09.17

台風の被害の確認をしていたら、やっぱり影響が‥‥
強い風と大雨のせいで、温室内に雨水が入り込んでしまってました!!


blog_carnation608_1.jpg


幸い大した水量ではなく、おそらく栽培には影響がないとは思いますが‥‥
とりあえず、ポンプを使って排水してみました。


blog_carnation608_2.jpg


元々水田だったところに施設を建てているので、圃場自体が若干低いんですよね(-o-;)
今さらかさ上げできないから、何か別の手だてを考えないと。


このページの先頭へ