淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

トピックス!

2011.09. 1

さて、なぜNHKに行ったか? ってことですが、「朝の連続テレビ小説」に関係あるんですよ。


今は「おひさま」ですよね。
それが、9月いっぱいで終わって、10月から新しいドラマが始まります。
そして、秋からのドラマは・・・
なんと「カーネーション」です!


昨年初めて耳にしたときは、マジで? って感じでしたが、どうやら間違いないみたい(笑)
とはいえ、花のカーネーションには、あんまり関係ないんですよね。
ファッション・デザイナーのコシノアヤコさんの一代記なんですよ。
なので、舞台は大阪の、あのだんじり祭で有名な岸和田ですな。



ちなみに、コシノアヤコさんは、1913年岸和田市に呉服商の長女として生まれたそうです。
和服中心の時代に16歳で洋裁の道を志し、34年岸和田市で洋裁店を開店し、ファッション・デザイナーの草分け的存在として活躍する一方で、母としてコシノヒロコ、ジュンコ、ミチコの3姉妹を世界的なファッション・デザイナーに育てあげた、ファッション界の女傑ですね。
題名のカーネーションは「母の愛」のイメージからの命名だそうです。
なるほど~。
やっぱり、よくも悪くもカーネーションってそのイメージなんですね。


で、せっかく毎日「カーネーション」って連呼してくれるんですから、なんとか花のカーネーションのPRができないかな? 
ってことで、生産者からカーネーション部会の星井会長、香川県の真鍋さん親子、同じく香川県の森さん、淡路島の惣林坊君。窓口になってくださっている「なにわ花いちば」さんから貞松さん。小売り業界からフローリストコロナの上野さん。あと、オマケで僕がお邪魔させていただきました。


くわしいことはまだ発表できませんが、なかなかおもしろい取り組みができそうです。
ドラマとともに、楽しみにしてて下さいね♪

このページの先頭へ