淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

川合肥料さんのお勧めは?

2010.03.11

さて、おいしいご飯をいただいた後は、お待ちかねの勉強タイムです。
川合肥料さんには、有機肥料の原料というか、素材が数えきれないほどありました。
魚カスや骨粉はもちろん、奈良の若草山からやって来た蹄角などもありました。


  


さまざまな商品の特性等を説明していただいた中に、興味深い物がいくつもありました。
鰹のダシガラが原料になっている『鰹ソリューブル』
海草を発酵させてある『ボカシこんぶ』
防虫効果のあると言われている、植物由来の『ニームペレット』
他にも試してみたい物が満載でした!
さっそく、いくつか注文させていただきました♪


  


ウチのカーネーションは溶液土耕栽培のため、元肥以外はどうしても化学肥料が多くなってしまいます。
また、クロルピクリンで消毒してはいますが、30年以上連作しているため、必然的に地力が徐々に弱ってしまいます。今作は、特にそれを強く感じました。
もちろん、定植前には有機物の補給の意味で、堆肥を混ぜ込んだり、椰子殻を混ぜ込んだりしてはいますが…
どこかのスローガンみたいですが、元気な作物は土作りからってことですね。
来作は、これまで以上に土作りを頑張ります!

このページの先頭へ